少子化対策及び子どもの貧困対策の抜本強化に向けた緊急提言 について

気になる点としては、

少子化の根本が経済的負担、子育て支援にあると捉えられている点です。

若者たちが都市に出ていく。育児がしにくい環境に身を置くことで少子化がすすむ。

若者たちが地方で働きやすい。子育てもしやすい。親や地域で支援できる体制。がこれからの日本に必要な行政だと考えるのですが、いかがでしょう。

若者たちが農業・製造で生活するためには米や農産物の価格がもっと適正であるべきなんじゃないでしょうか。このままだと若者が稲作を生業とすることができないです。10年後20年後は国産米はハイブランド品になってるんじゃないでしょうか。

「都市化」のながれを変える。

いま一番必要な施策だと思います。

-教育, 未分類

よく読まれてます。

1
2018年 三田学園中学校の入試を考える。

今年も三田学園の入試日はとても冷えましたね。例年中学校の入試日は小雪の舞う日が多 ...

2
文部省が推し進める「Jr.(ジュニア)ドクター育成塾」について

先ず現在、日本が抱えている課題ですが2025年に到来する超高齢化社会についてです ...

no image 3
PayPalをつかった返金詐欺につまずいた話し。

もはや説明や前書きなくてもいいくらいにネット購入・販売の敷居は確実に低くなってき ...

no image 4
神戸大学がセンター試験を使わない入試を2019年度から導入

神戸大学はセンター試験を利用しない「志」特別入試 を2019年度から導入すると発 ...