レントゲン撮影がカラーになる日

1895年にWilliam RoentgenによってX線検査が発明されました。

約100数年たった現在、なんと!X線検査が3Dカラーになろうとしているそうです!

X線は電磁波の一種で、可視光を作るエネルギーは同じですが、波長は約1000倍短いです。光とは異なり、X線は人体を透過します。

X線用のフィルムやセンサーを一方の面に置き、他方の面にX線を照射すると、X線を遮る骨のような高密度の物質はフィルム上に白く見え、柔らかい組織は灰色の色合いで、空気は黒く見えるようになります。

細い骨折や腐った大臼歯があるかどうかは画像的によく写るのですが、柔らかい組織の解像度はかなり悪いのが欠点でした。

しかし、MARSスペクトラルX線スキャナーと呼ばれるX線装置は、骨、軟部組織、および他の構成要素の詳細を鮮明に表示することができます。これは、スキャナがMedipix3と呼ばれる非常に繊細なチップを使用しているためです。

Medipixは、欧州原子力研究機構(CERN)によって作成されたテクノロジーで開発され、大型ハドロンコライダーとよばれる世界最大級の粒子加速器です。

チップは、各ピクセルに当たる光子をカウントし、そのエネルギーレベルを決定することができるます。その情報から、骨、脂肪、軟骨および他の組織のようなものの位置を特定し、そしてそれらは着色される仕組みです。

3DカラーX線のサンプル

-IT, 未分類, 雑談

よく読まれてます。

1
2018年 三田学園中学校の入試を考える。

今年も三田学園の入試日はとても冷えましたね。例年中学校の入試日は小雪の舞う日が多 ...

2
文部省が推し進める「Jr.(ジュニア)ドクター育成塾」について

先ず現在、日本が抱えている課題ですが2025年に到来する超高齢化社会についてです ...

no image 3
PayPalをつかった返金詐欺につまずいた話し。

もはや説明や前書きなくてもいいくらいにネット購入・販売の敷居は確実に低くなってき ...

no image 4
神戸大学がセンター試験を使わない入試を2019年度から導入

神戸大学はセンター試験を利用しない「志」特別入試 を2019年度から導入すると発 ...