年間320万人の人が大気汚染(PM2.5)によって糖尿病になっているという事実。

約10年間 170万人の米国退役軍人の追跡調査によって、大気汚染は糖尿病発症リスクと深く関係することが判明しました。

2016年に世界中で320万人の糖尿病の新規症例を引き押しました。

自動車や工場で発生した微粒子状の物質はスモッグとして漂い、その空気を呼吸によって摂取します。そのリスクについて研究がなされたわけですが、ショッキングなことに世界中の新規の糖尿病患者の約14%が大気汚染が原因となっていることが報告されました。(世界保健機関(WHO)は、現在、422百万人が2型糖尿病に罹患していると推定しています - 1980年の1億800万人から増加しています)

当然のことながら、パキスタン、インド、中国など汚染度の高い国では、特に大気汚染につながる糖尿病の割合が高いのです。

https://www.thelancet.com/journals/lanpla/article/PIIS2542-5196(18)30140-2/fulltext

 

-教育, 未分類, 雑談

よく読まれてます。

1
2018年 三田学園中学校の入試を考える。

今年も三田学園の入試日はとても冷えましたね。例年中学校の入試日は小雪の舞う日が多 ...

2
文部省が推し進める「Jr.(ジュニア)ドクター育成塾」について

先ず現在、日本が抱えている課題ですが2025年に到来する超高齢化社会についてです ...

no image 3
PayPalをつかった返金詐欺につまずいた話し。

もはや説明や前書きなくてもいいくらいにネット購入・販売の敷居は確実に低くなってき ...

no image 4
神戸大学がセンター試験を使わない入試を2019年度から導入

神戸大学はセンター試験を利用しない「志」特別入試 を2019年度から導入すると発 ...