塾をIT化(生徒レポート共有システム)

個別教室PICSISを運営している当社では授業報告のレポートを授業後に一人ひとりにお渡ししてます。

そのレポートはスキャンしてPDF化してクラウドで保存します。PICSISでは生徒に対して先生が固定ではありませんので、情報を共有する仕組みが必要となるのです。 なので、クラウド保存が必要なのですね。

次回、授業に入る前に前回の宿題や進捗などをタブレットやパソコンで確認します。

そんなこんなで、クラウドで保存しているPDFファイルは5万ファイル以上!となりました。

こうなるとクラウドとローカルデータの同期がいつまでたっても終わらないなんていう現象が発生します。

社員用PCの入れ替えや事務PCの追加をした際にこの問題にぶち当たりました。

要件としては、

  • クラウド対応プリンターから直接スキャンデータをアップロードできる。
  • 閲覧環境はWindows7,10 タブレット(Android&iPad)でプレビュー機能のあるアプリもしくはエクスプローラーでのファイル操作が必要。
  • バックアップによる世代管理
  • クラウドへ直接マウントできる

ソリューション

Google Driveを使い、端末からはドライブ ファイル ストリームを使いダイレクトにGoogle Driveにマウントをする。

メリット:要件をすべて満たすことができる

デメリット:G Suiteのアカウントが必要になるので、1ユーザ1ヶ月に600円必要。

クラウドマウンター

https://mac.eltima.com/jp/mount-cloud-drive.html

メリット:こちらも要件はすべて満たすことができています。

デメリット:1ユーザ5千円程度でライセンス購入する必要があります。

 

MultCloud

こちらも他の製品と同様にマルチクラウト対応のアプリ。どちらかというと、AmazonS3などからGoogleDriveへファイルの転送を行うといった処理に使うソフトウエアです。こちらも有償ソフトなんですが、1ヶ月間に50GBの通信量の制限があるだけなんです。PICSISの業務端末ではPDFを閲覧するだけなのでこの制限には達しないわけです。

メリット:他の製品と同様に要件をすべて満たすことができる

デメリット:月に50GBの通信量制限があるものの制限に到達しないので無視できる。

 

かなりハードに日常で使うシステムなので、不具合など細かい仕様については今後カスタマイズしていく必要がありますね。

 

 

-IT, 教育

よく読まれてます。

1
2018年 三田学園中学校の入試を考える。

今年も三田学園の入試日はとても冷えましたね。例年中学校の入試日は小雪の舞う日が多 ...

2
文部省が推し進める「Jr.(ジュニア)ドクター育成塾」について

先ず現在、日本が抱えている課題ですが2025年に到来する超高齢化社会についてです ...

no image 3
PayPalをつかった返金詐欺につまずいた話し。

もはや説明や前書きなくてもいいくらいにネット購入・販売の敷居は確実に低くなってき ...

no image 4
神戸大学がセンター試験を使わない入試を2019年度から導入

神戸大学はセンター試験を利用しない「志」特別入試 を2019年度から導入すると発 ...