就職活動いやいや、、人生で大切なこと。

就職活動中の大学生さんがリクルートスーツに身を包んで会社訪問や採用試験にがんばっている姿をここ、神戸市や三田市でもおおく見かけます。

個別教室PICSISで頑張っていただいている講師の先生からも就職活動の話し や相談を頂きます。「世間の潮流をよもう。人材は明らかに不足していて、売り手市場。しかもAIなどの分野ではまだデファクトスタンダードやプレーヤーもそろっていない。」といったお話しを授業の後お話しています。

そんな、分野気にもなってないしAIの研究をみんながしたいわけじゃないでしょうね。

そこで、「採用する側のきもちになってみるといいよ!」と思うわけ。

「◯◯ができます!」 ってアピールしても、じつは◯◯ができる学生って沢山いるわけでしょ。

こいつなら一緒に働いてもいいかな。って思わせないとダメ。人間力なんて言葉を持ち出したらたいそうなことになるけど、ゴールはここ。

「大学1年生にネコを2匹拾って、、一緒に暮らしているです。 なので、この面接が終わったらダッシュで飛行機に乗らないとなんです。」って面接官と話してー。

「日南さん、合格。内定です。 飛行機に間に合うかな?」って羽田空港で内定の連絡をもらったこともあります。

 

社長業をしてると、学生さんがスペック重視の装備をして面接にきてくれたりします。

それこそ、京都大学・大阪大学などなど。

だけど、一生懸命がんばります! 勉強がんばります! って言葉で熱意を感じさせてくれるフツーの子のほうが百倍嬉しいわけ。

だって、企業に勤めるってことは何かしら対人関係が生じるでしょ。ハツラツさってお客さんにも上司にも好かれるでしょ。

ハツラツした子は健全・健康・優秀・面倒見がいいと相場が決まってます(笑)

と、いうことで学生のみなさん!ハツラツと行くといいですよ! あと30年はAIやロボットでもハツラツさは創り出せないと思うしね。

-雑談

よく読まれてます。

1
2018年 三田学園中学校の入試を考える。

今年も三田学園の入試日はとても冷えましたね。例年中学校の入試日は小雪の舞う日が多 ...

2
文部省が推し進める「Jr.(ジュニア)ドクター育成塾」について

先ず現在、日本が抱えている課題ですが2025年に到来する超高齢化社会についてです ...

no image 3
PayPalをつかった返金詐欺につまずいた話し。

もはや説明や前書きなくてもいいくらいにネット購入・販売の敷居は確実に低くなってき ...

no image 4
神戸大学がセンター試験を使わない入試を2019年度から導入

神戸大学はセンター試験を利用しない「志」特別入試 を2019年度から導入すると発 ...