18歳人口の急速な減少について

今後の事業展開を考えた場合、人口の推移と労働者数の増減については特によく考えておかないといけません。

文部科学省が公開した資料によると平成3年ころをピークに凄い勢いで若者たちの減少化が進んでいることがわかります。

都内のコンビニではアルバイトの4割が外国人労働者となっているところもあるそうです。資料では最も減少割合が大きいのは東北で平成27年から28.5%も減少してしまうとのことです。ここまでくると第2第3の夕張市のように行政や市政サービスの維持が難しくなる自治体もでてくるでしょう。

関西地区でも平均で16%減ということです。特に神戸市の北区・西区など中央区以外では減少幅はかなり大きくなるでしょう。

 

 

この数値からしても若者対象の産業の先細りは避けられないことがわかります。

逆に高齢者をターゲットとした産業は供養産業を筆頭にニーズが高まることが予想されます。

-, 雑談

よく読まれてます。

1
2018年 三田学園中学校の入試を考える。

今年も三田学園の入試日はとても冷えましたね。例年中学校の入試日は小雪の舞う日が多 ...

2
文部省が推し進める「Jr.(ジュニア)ドクター育成塾」について

先ず現在、日本が抱えている課題ですが2025年に到来する超高齢化社会についてです ...

no image 3
PayPalをつかった返金詐欺につまずいた話し。

もはや説明や前書きなくてもいいくらいにネット購入・販売の敷居は確実に低くなってき ...

no image 4
神戸大学がセンター試験を使わない入試を2019年度から導入

神戸大学はセンター試験を利用しない「志」特別入試 を2019年度から導入すると発 ...