就職できない理由の推移にみるAIとロボットの就労シーンについて

平成29年4月に公開された

社会的に”ブラック企業”が流行語大賞をとった2013年と時を同じくして、

  • 賃金・給与が希望と合わない
  • 休日などが希望と合わない

などの理由が上昇傾向となっています。

”逆にこだわらないが仕事がない”は減少傾向となっており、人材の売り手市場・人材集めで企業側が従業員側に配慮している傾向が伺えます。

”希望する職種・内容のしごとがない”も同様に減少傾向です。こちらもノマド族・独立・スタートアップといったキーワードの流行りと時を同じくしているのも興味深いところです。

今後の10年間は、一気に超高齢化社会と少子化社会が押し寄せてくる時代にシフトします。

人材不足を補うべくして登場するのは、半自動化されたAIとロボットの組み合わせサービスになります。こちらは行政が昨年から非常に力をいれており、音声認識+発注Botなどが店頭に並ぶことになりそうです。

 

  • 賃金・給与が希望と合わない
  • 休日などが希望と合わない

上記のようなネガティブ要素の箇所は積極的にAI+ロボティクスの活用が進んでいくでしょう。ここは割増賃金など経営者側も悩みどころなので、投資面でも比較的受け入れられるでしょう。

そして、10年後の調査ではAIやロボティクス分野の知識・技術がないため、”就きたい職業に就けない”が多くなると予測されます。

-IT, 教育, 未分類, 雑談

よく読まれてます。

no image 1
2020年 大学の授業料無償化支援を受けるには? 浪人生はどうなの?

いままで大学に興味はあったけど、授業料や生活費を親に負担させたくないという思いか ...

2
2018年 三田学園中学校の入試を考える。

今年も三田学園の入試日はとても冷えましたね。例年中学校の入試日は小雪の舞う日が多 ...

3
文部省が推し進める「Jr.(ジュニア)ドクター育成塾」について

先ず現在、日本が抱えている課題ですが2025年に到来する超高齢化社会についてです ...

no image 4
PayPalをつかった返金詐欺につまずいた話し。

もはや説明や前書きなくてもいいくらいにネット購入・販売の敷居は確実に低くなってき ...

no image 5
神戸大学がセンター試験を使わない入試を2019年度から導入

神戸大学はセンター試験を利用しない「志」特別入試 を2019年度から導入すると発 ...