IT お知らせ 教育

ICT教育で欠如する能力について

神戸市はICT教育の拡充をするため2022年には生徒全員がタブレットを持って授業を受けるようにするそうです。

ITコンサルティングと塾経営と二足のわらじを履いているヒナミですが、事教育と子供の成長から言うとITの出番はもっと遅くて、せめて高校2年生あたりからの方がいいと考えています。

動画コンテンツによる学習は目の前にイメージが与えられることで、自らの力でイメージを創り上げる練習の機会が失われていると感じています。

もう、暗記の重要性が減りつつある時代なのに、ICT教育によって肝心な想像力の欠如を招いているんじゃないか?とも思っています。

現代では1年間で触れる情報量の多さは江戸時代の庶民が触れる情報量の一生分とも言われています。

視覚情報は脳に対してもっとハングリーなくらいで丁度いいんじゃないかと思います。

 

-IT, お知らせ, 教育
-, ,

よく読まれてます。

no image 1
(中間テスト)今回もみんな90点以上獲得!でした。

個別教室PICSIS(ピクシス)の少人数クラス(中1)、、、わかりにくい説明です ...

no image 2
2020年 大学の授業料無償化支援を受けるには? 浪人生はどうなの?

いままで大学に興味はあったけど、授業料や生活費を親に負担させたくないという思いか ...

3
2018年 三田学園中学校の入試を考える。

今年も三田学園の入試日はとても冷えましたね。例年中学校の入試日は小雪の舞う日が多 ...

4
文部省が推し進める「Jr.(ジュニア)ドクター育成塾」について

先ず現在、日本が抱えている課題ですが2025年に到来する超高齢化社会についてです ...

no image 5
PayPalをつかった返金詐欺につまずいた話し。

もはや説明や前書きなくてもいいくらいにネット購入・販売の敷居は確実に低くなってき ...

no image 6
神戸大学がセンター試験を使わない入試を2019年度から導入

神戸大学はセンター試験を利用しない「志」特別入試 を2019年度から導入すると発 ...